catch-img

採用戦略のフレームワークの活用・分析方法|優秀な人材を獲得するためにすべきことを解説!

企業の成長に欠かせない人材を計画的に獲得するには、採用戦略を立てることが大切です。実際に多くの企業が採用戦略に則った採用活動を実施しています。

しかし、どのように採用戦略を立てればいいか分からず、アクションを起こせていない採用担当者の方もいるのではないでしょうか。そこで、今回の記事では採用戦略を立てるためのステップやフレームワークについて解説します。

この記事を読むことで、どのように採用戦略を立てるべきか理解でき、実際に行動に繋げられるため、ぜひ参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.採用戦略とは
  2. 2.採用戦略の立て方の流れ
    1. 2.1.人物像の設定
    2. 2.2.採用目標とスケジュールの決定
    3. 2.3.採用方法を選定
    4. 2.4.採用後のフォロー体制の確立
  3. 3.採用戦略にフレームワークがおすすめの理由
  4. 4.採用戦略を立てるためのフレームワーク
    1. 4.1.3C分析
    2. 4.2.4C分析
    3. 4.3.SWOT分析
  5. 5.採用戦略にフレームワークを活用する時の注意点
  6. 6.まとめ

採用戦略とは

採用戦略とは、企業が自社の成長にとって欠かせない優秀な人材を獲得するための戦略のことです。企業の成長を長期的に捉えたときに、人材獲得に関しても将来を見据えた戦略を立てる必要があります。

採用戦略を考えずに採用活動を進めると、内定辞退や早期退職、ミスマッチなどが起こりやすくなり、採用コストが無駄になる可能性があります。
そのため、無駄なコストをかけずに採用活動を効率的に進めるためにも、採用戦略は重要です。



採用戦略の立て方の流れ

企業の成長にとって重要な役割を担う採用戦略をどのように立てていけばいいのでしょうか。採用戦略の立て方の流れは以下の通りです。

【採用戦略の立て方の流れ】
    1. 人物像の設定
    2. 採用目標・スケジュールの決定
    3. 採用方法の選定
    4. 採用後のフォロー体制の確立

次の章で、それぞれのステップを詳しく確認していきましょう。


人物像の設定

採用戦略を立案する際は、まず人物像の設定から行いましょう。スキルや経験、性格、勤務条件など、自社の成長に貢献する人物像を具体的にイメージしていきます。
人物像を設定することは、選考における基準を明確にするのに効果的です。人物像が定まっていないと、採用基準が不明瞭になりやすく、ミスマッチが起こりやすくなります。

しかし、条件を細かく厳格にしてしまうと、条件に該当する人材を見つけるのが難しくなるため、注意が必要です。


採用目標とスケジュールの決定

人物像が決定したら、次は採用目標とスケジュールを決定しましょう。部署や職種ごとに必要な人数を把握し、求人サイトに情報を掲載するタイミングや説明会、インターンシップ等の開催時期などを計画していきます。

採用目標とスケジュールを決めておくことで、最終目標から遡って具体的なタスクの設定が可能です。採用目標とスケジュールが曖昧な状態だと、効率的に採用活動を進めることができません。
目標を設定する際は、数字などを用いて具体性のある目標を立てましょう。


採用方法を選定

採用目標とスケジュールを設定した後は、どのような方法で募集・採用を進めるか考えましょう。

就職情報サイトやオウンドメディア、Web広告、求人誌など、募集を行う手段は様々です。また、グループディスカッションや個人面接、集団面接、インターンシップなど、採用にもあらゆる方法があります。
目標や人物像によって効果的な採用方法が変わってくるので、自社に適した手段を考えることが大切です。採用方法が定まっていないと、効果のある採用を実行できずに、十分な人材を集められません。

それぞれの採用方法にメリットとデメリットがあるので、採用方法についてしっかりと理解を深めた上で、自社に最適な方法を選定しましょう。


採用後のフォロー体制の確立

採用後のフォロー体制を整えておくこともポイントです。懇談会や内定者面談、勉強会など、どのようなフォローを実施していくか決めましょう。
フォロー体制が整えることで、内定辞退などの人材の流出を防ぐことができます。受け入れ体制が整っていないと、内定者は入社までに不安を感じやすくなり、会社への信頼度が低下する可能性があります。
内定者と採用担当者の間で関係性を築き、相談などを行えるコミュニケーションの場を設けて、内定者の不安を解消することが大切です。



採用戦略にフレームワークがおすすめの理由

採用戦略を立てる際に、フレームワークを活用すると良いでしょう。フレームワークとは、効率的に目標を達成するために重要な仕組みのことです。

フレームワークが採用戦略に役立つ理由として、以下の項目が挙げられるでしょう。

【採用戦略にフレームワークがおすすめの理由】
    • 思考を可視化して効率化できる
    • 多角的に物事を考えることができる
    • 戦略の筋道が明白
    • 社内・関係部署への共有が簡単
    • (他にもあれば追記ください)

思考を整理できるフレームワークを活用すると、採用活動の全体像や課題が把握しやすくなり、PDCAをスピーディーに回すのにも役立ちます。
また、忙しい採用活動期間中でもフレームワークに基づいて採用活動を実施することで、漏れや抜けを防ぐことができます。

さらに、採用活動の流れが簡潔になることで、コストや時間に無駄が生じません。そのため、フレームワークを活用して採用戦略を立てることは、企業にとって有益なのです。


採用戦略を立てるためのフレームワーク

採用戦略を立てる際に便利なフレームワークは以下の通りです。

【採用戦略におすすめのフレームワーク】
    • 3C分析
    • 4C分析
    • SWOT分析

次の章で、それぞれのフレームワークの特徴について確認しましょう。


3C分析

3C分析とは、Company(自社)、Competitor(競合環境)、Customer(求職者・候補者)の頭文字を合わせたフレームワークです。自社を含めた採用活動における環境を整理するのに効果があります。

それぞれの要素の意味は以下の通りです。
    • Company(自社):自社の強み、特徴
    • Competitor(競合環境):採用における競合企業、人材の併願先
    • Customer(求職者・候補者):人物像

フレームワークに基づいた採用戦略を立てる上で、まずはCustomerを設定しましょう。Customerの視点から、CompetitorとCompanyの立ち位置を考えることで、自社の置かれている立場や、自社へのニーズを読み取ることができます。
例えば、Customerを中途採用の人材に置き換えた時に、Competitorと比較した場合のCompanyの強みは給与体制であるなど、求職者が会社に求めることが理解しやすくなります。

3C分析は自社のアピールポイントや特異性を考える際にも効果的です。自社にしかない強みを活かして、採用戦略を立てていきましょう。


4C分析

4C分析とは、Customer Value(求職者から見た価値)、Customer Cost(求職者がかけるコスト)、Convenience(求職者から見た利便性)、Communication(求職者とのコミュニケーション)の頭文字を合わせたフレームワークです。求職者視点で採用戦略を立案するのに役立ちます。

それぞれの要素の意味をまとめましょう。
    • Customer Value (求職者から見た価値):自社で働くことで得られるやりがいや経験
    • Customer Cost (求職者がかけるコスト):入社後のリスクや懸念点
    • Convenience(求職者から見た利便性):応募や採用にかかる負担の少なさ
    • Communication(求職者とのコミュニケーション):応募前後のコミュニケーションの内容やツール

Customer ValueとCustomer Costは、言わば自社で働くことで得られるメリットとデメリットです。メリットとデメリットが明確になることで、採用活動において求職者にどのようにアピールするべきか、不安や疑問を解消するにはどうすればいいか考えることができます。
また、ConvenienceやCommunicationについて求職者視点で考えることで、求職者がストレスを感じにくい採用方法やコミュニケーション方法に結びつけられます。

4C分析を採用戦略に取り入れることにより、採用計画の詳細を決めやすくなるため、求職者視点で状況を判断できていないという企業は、4C分析のフレームワークを活用しましょう。


SWOT分析

SWOT分析とは、Strength (自社の強み)、Weakness(自社の弱み)、Opportunity (採用市場における機会)、Threat (脅威・リスク)の頭文字を合わせたフレームワークです。SWOT分析を用いることで、内部環境と外部環境が明らかになり、採用活動の課題を考えやすくなります。

それぞれの要素の意味は以下の通りです。
    • Strength(自社の強み): 自社のアピールポイント、特異性
    • Weakness(自社の弱み): 自社の課題
    • Opportunity(採用市場における機会):採用におけるチャンス
    • Threat(脅威・リスク):採用におけるリスク

内部環境と外部環境を組み合わせて考えることで、採用活動を通した自社の立ち位置を図ることができます。例えば、StrengthとOpportunity組み合わせることで、強みを活かして機会を獲得する方法を考案することが可能です。
SWOT分析を取り入れて、自社の採用力と採用活動の市場を考慮した採用戦略を立てていきましょう。



採用戦略にフレームワークを活用する時の注意点

採用戦略を立てる際に、注意するべきポイントが多数あります。

上記で紹介したSWOT分析などのフレームワークは、マーケティング戦略を想定して考えられたものです。そのため、採用活動に落とし込めない部分もあり、臨機応変な対応が求められます。
また、分析する項目が多くあるため、取捨選択しながら必要な部分に焦点を当てることが大切です。

さらに、フレームワークは結論を導き出すものではなく、分析するためのツールであることを覚えておきましょう。分析結果を踏まえた上で、改めて採用戦略を決定する必要があります。



まとめ

今回の記事では、採用活動における効率の悪さを課題に感じている採用担当者に向けて、採用戦略の立て方や、採用戦略にフレームワークを活用する方法を解説しました。

採用戦略は、自社の成長にとって欠かせない人材を獲得するために重要な役割を担います。マーケティングでよく用いられるフレームワークを活かした採用戦略を立てることで、より精度の高いプランニングが行えるため、3C分析や4C分析、SWOT分析などのフレームワークを活用しましょう。

採用戦略にフレームワークを活用する際は、必要な項目を取捨選択し、臨機応変に対応することが大切です。株式会社インタツアーが提供する「インタツアー」は、採用戦略の成否に影響する認知向上や歩留まり向上に役立つマーケティングサービスです。採用戦略を支える施策としてぜひご検討ください。

関連記事

開催予定のセミナー

 

おすすめ調査レポート
TOP3

第1位

第2位

第3位
 

タグ一覧

 

インタツアーとは?

学生と企業がインタビューという手法で接点を持てる新しい新卒採用サービスです。
インタビュー後のレビューを学生発のコンテンツとしてSNS配信することができます。