catch-img

即戦力となる人材の探し方と見極め方|採用時のポイントを解説!

近年は採用市場で「即戦力」というキーワードが注目を集めています。企業はどうして即戦力となる人材を求めるようになったのでしょうか。

今回の記事では、即戦力となる人材を採用したいと考えている企業の担当者に向けて、即戦力を採用するメリットや即戦力となる人材の探し方を解説します。
この記事を読むことで、即戦力となる人材の見極め方や採用時のポイントを理解できるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.即戦力とは
  2. 2.即戦力を採用するメリット
    1. 2.1.社員育成のコスト軽減
    2. 2.2.自社の成長にも繋がる
  3. 3.即戦力かどうかを見極めるポイント
  4. 4.即戦力となる人材の探し方
    1. 4.1.紹介や推薦を受けて採用する
    2. 4.2.即戦力採用に特化した求人サイトやマッチングサイトを活用
    3. 4.3.優秀⼈材を採⽤するために助成制度を活⽤
  5. 5.即戦力となる人材を採用するときのポイント
    1. 5.1.採用準備としてペルソナを社内で共有
    2. 5.2.転職理由を深掘りする
    3. 5.3.採用後のフォロー体制の確立
  6. 6.まとめ

即戦力とは

即戦力とは、中途採用・新卒採用に関わらず、教育や研修などをほとんど実施しなくても入社後に高いパフォーマンスの発揮する人材のことです。近年、採用活動において即戦力というキーワードが注目されるようになりました。
企業が即戦力を求めるようになったのは、新卒で入社した会社で勤め続ける終身雇用の体制が変化し、キャリアアップを目指して転職することが一般的になったためです。

そのため、現在は優秀な人材をめぐって企業間の競争が激化し、資格や実務経験、スキルのある人材を求める動きが顕著に見られるようになっています。



即戦力を採用するメリット

入社後すぐに高いパフォーマンスを発揮する人材を採用するメリットは何でしょうか?ここでは、企業が即戦力を採用するメリットを紹介します。

【即戦力を採用するメリット】
    • 社員育成のコスト軽減
    • 自社の成長にも繋がる

それぞれのメリットについて確認していきましょう。


社員育成のコスト軽減

即戦力の高い社員を採用すると、社員を育成するコストを削減できます。入社後からすぐに実力を発揮できるため、研修や教育にかける費用が少なくなるためです。
一方で、スキルや経験のない人材を採用した場合、業務の進め方を一から教える必要があるため、研修や教育にかかる時間が長くなり、コストが増えてしまいます。

さらに、研修内容を計画する、研修場所を確保するなど、教育を行うための準備は手間がかかるので、即戦力となる人材は企業にとって大きなメリットになるのです。


自社の成長にも繋がる

即戦力となる人材が組織にいると、会社全体の成長に繋がります。優秀な人材は経験や知識、成長意欲を持ち合わせていることが多く、採用者から新しい知識やスキルを吸収できるためです。
しかし、研修や教育が必要な場合、企業が人材に教育の機会を与える立場となり、社員から新しいことを学ぶことはほとんどありません。
そのため、会社の成長に繋がる即戦力を確保することは、企業にとって大きなメリットとなります。


即戦力かどうかを見極めるポイント

入社後すぐに活躍できる人材か見極める際に、以下のポイントに注意しましょう。

【即戦力を見極めるポイント】
    • 実務経験
    • コミュニケーション力
    • 資格やスキル
    • 成長意欲
    • 好奇心
    • 仕事に向ける姿勢が積極的
    • こだわりが強すぎない(プライドが高すぎない)
    • 親しみやすさ

業界内の実務経験やビジネスパーソンとしてのコミュケーション力がある人材は、即戦力としての活躍が期待できます。また、実務経験が浅くても、資格を取得しスキルを身につけているかがポイントです。例えば、実務経験はないもののコーディングの知識を持っている人材は、エンジニアやIT部署ですぐに活躍できる可能性があります。

さらに、採用を考えている人材が即戦力であるか判断するには、マインド面にも注目すると良いでしょう。成長意欲や好奇心、仕事に対する積極性、寛容性、親しみやすさなども判断材料として重要です。

しかし、全ての条件を満たす人材を見つけるのは極めて難しいので、自社が求める人物像を明確にし、重視するポイントを決めておくことをおすすめします。



即戦力となる人材の探し方

入社後すぐに活躍できる人材はどのように探せばいいのでしょうか。ここでは、即戦力となる人材の探し方を紹介します。

【即戦力となる人材の探し方】
    • 紹介や推薦を受けて採用する
    • 即戦力採用に特化した求人サイトやマッチングサイトを活用
    • 優秀⼈材を採⽤するために助成制度を活⽤

それぞれの方法を詳しく確認しましょう。


紹介や推薦を受けて採用する

社員自身または知人から紹介や推薦を受けて、会社で活躍する優秀な人材を見つけるのも一つの手段です。紹介や推薦によって人材を探す方法は、リファラル採用と呼ばれています。
採用市場において企業間の競争が激化している現在、リファラル採用を導入する企業が多く見受けられるようになりました。

リファラル採用を実施することで、ミスマッチや採用コストの軽減を目指せます。紹介人を通して社風や企業理念、業務内容、給与体制などを理解してもらえて、入社前と入社後のギャップが生じにくくなるのです。


即戦力採用に特化した求人サイトやマッチングサイトを活用

自社の採用ページだけでなく、求人サイトやマッチングサイトなど複数のチャネルを活用するようにしましょう。
求人サイトとはインターネット上で求人情報を掲載しているサイト、マッチングサイトとは企業と求職者それぞれのニーズに合わせてマッチングできるサイトのことです。
ある程度知名度の高い企業は、自社の採用ページだけでも十分な求職者を集められますが、求人サイトやマッチングサイトを利用することでより多くの人材を集められます。

また、採用活動を支援してくれるエージェントや、助成金を提供している公共団体のマッチングサイトなどもあるので、確認してみましょう。


優秀⼈材を採⽤するために助成制度を活⽤

企業の採用活動をサポートするために、国は様々な助成制度を設けています。優秀な人材を集めるための助成制度の具体例は以下の通りです。

【優秀な人材を集めるための助成制度】
    • 勤務間インターバル制度:勤務開始前に一定時間以上の休息時間を確保する制度
    • 中途採用拡大助成金:中途採用の拡大を目指している企業に向けた助成金

勤務間インターバル制度とは、勤務終了後と勤務開始前に一定時間以上の休息時間を確保する制度のことです。勤務間インターバル制度の導入に取り組む中小企業は、労働環境の良さをアピールできるだけでなく、助成金を利用できます。
中途採用拡大助成金とは、中途採用に関する雇用管理制度を整備し、中途採用の拡大を目指している企業が利用できる助成金です。一定期間が経過した後に生産性が向上した企業は、追加で生産性向上助成金を受けられます。



即戦力となる人材を採用するときのポイント

入社後に会社で活躍する人材を採用する際はどのような点に注意すればいいのでしょうか。ここでは、即戦力となる人材を採用するときのポイントを紹介します。

【即戦力となる人材を採用するときのポイント】
    • 採用準備としてペルソナを社内で共有
    • 転職理由を深掘りする
    • 採用後のフォロー体制の確立

それぞれのポイントについて確認しましょう。


採用準備としてペルソナを社内で共有

採用活動を開始する前に、ペルソナを社内で共有するようにしましょう。ペルソナを設定しておくことで、自社の求める人物像をイメージしやすくなり、合否の判断を公平かつ迅速に行えるためです。
また、経営側と人事側で即戦力の捉え方における認識の誤差をなくせるだけでなく、採用後のミスマッチ防止にも繋がります。
ペルソナの詳細や判断基準などを記載した準備シートなどを作成し、候補者とコミュニケーションを取る採用関係者に共有しておきましょう。


転職理由を深掘りする

即戦力となる人材か判断するために、候補者が転職を決めた理由を深掘りしましょう。転職理由から候補者が前の企業に求めていたことが明らかになり、自社との相性を図ることができます。
しかし、面接だと候補者はポジティブな面しか見せないことが多いため、本当の離職理由が分かりません。そのため、カジュアルな雰囲気の面談などを設けるなどして、候補者が話しやすい環境を作りましょう。

さらに、中途採用で入社した社員や、年齢の近い社員などに協力してもらうなど、建前でなく本音を聞き出せるような工夫が大切です。


採用後のフォロー体制の確立

優秀な人材の流出を防ぐために、採用後のフォロー体制を整備しましょう。即戦力として人材を採用したとしても、教育を全くしない、いきなり多くの業務を任せるなどの丸投げはNGです。
入社後の離職を防ぐために、本人の適性の確認や定期的なコミュニケーションの場を設ける必要があります。社員の意思をヒアリングしながら、本人が働きやすい環境を目指すことが重要です。
社員の実力を最大限に発揮させるためにも、採用後の流れを明確にし、段階ごとにフォローを実施していきましょう。



まとめ

今回の記事では、即戦力となる人材を採用する方法が知りたい企業の担当者に向けて、即戦力となる人材の探し方と見極め方、採用時のポイントを解説しました。

終身雇用体制の終焉が叫ばれている現在、企業は優秀な人材を確保しようと、候補者の経験やスキルを重視する傾向にあります。
即戦力となる人材を採用することで、社員育成のコストを軽減できて、自社の会社の成長にも繋げられます。企業の長期的な成長のためにも、紹介や推薦を受けて採用するなど、採用活動を工夫することが大切です。

関連記事

開催予定のセミナー

 

おすすめ調査レポート
TOP3

第1位

第2位

第3位
 

タグ一覧

 

インタツアーとは?

学生と企業がインタビューという手法で接点を持てる新しい新卒採用サービスです。
インタビュー後のレビューを学生発のコンテンツとしてSNS配信することができます。